漫画 総理の椅子を読んだ感想

「総理の椅子」は最初、野心あふれる政治家の、よくある政界進出漫画かと思って読み始めましたが、野心は野心でも、あまりにもダークで恐ろしい野望を抱く主人公に、良い意味で期待を裏切られました。
最終的な感想としては「面白さと恐ろしさのバランスが秀逸」に尽きる、最高の漫画でした。
目的を果たすためなら手段をいとわない主人公には、読んでいて活躍して欲しいような、その野望を思うと活躍して欲しくないような、複雑な気持ちになってしまうのですが、それでも魅力的な主人公から目が離せず、どんどん引き込まれていってしまいます。
政治にうとい私でも十分に楽しめるエンターテイメント性を持っているのも素晴らしいです。
また、お涙頂戴や勢いだけでのし上がれる、日本の政治界の現状と国民の大衆心理を的確に表現しています。実際に今の政界にもこういう人間が現れたら、簡単に日本人は皆だまされてしまうんだろうな、という感想まで持ってしまうほどリアリティがありました。新たなダークヒーローから最後まで目が離せない漫画です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ